野球はIoTで強くなる
テクニカルピッチ軟式3号
野球はIoTで強くなる 9軸センサー内蔵で投球を計測 スマートフォンアプリでデータの分析・管理 大きさ・重量・表面ゴム素材は公認球と同じ!
9軸センサー内蔵で投球を計測 スマートフォンアプリでデータの分析・管理 大きさ・重量・表面ゴム素材は公認球と同じ!

FUNCTION
特徴

軟式ボールの中心部に9軸センサー*を内蔵したIoT製品であり、
ボール本体は、軟式公認M号ボールと同じ仕様で作られています。

スマートフォンとBluetoothペアリングの上、ボール本体を投げると
投球データがスマートフォンに転送され、「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」
を計測し、専用アプリで投球テータの解析が可能です。

*3軸加速度センサー、3軸地磁気センサー、3軸角速度センサー

センサーが回転方向、変化量を感知。ストレートや変化球などの球種を判別します。
リリースしてからキャッチャーが捕球するまでにボールが回転した数値を計測します。
ボールが水平面に対して、どの角度で回転しているかを計測します。
投球ごとに球速を計測。また、リリースする際の「強さ」と「構えてからリリースするまでの時間」を計測します。
公式オンラインストアはこちら

MOVIE
商品紹介映像

APP
専用アプリ

TechnicalPitch(テクニカルピッチ)軟式球のアプリは以下の条件に当てはまるスマートフォンでご利用いただけます。

対応OS:iOS9.0以上、Android5.0
対応端末:Bluetooth low energyをサポートしているiPhoneおよびAndroidスマートフォン

●TECHNICALPITCH(R)は株式会社アクロディアの商標です。
●本製品は投球専用です。

※アプリをご利用になるには専用のボールが必要になります。
※地磁気センサー非搭載の一部端末ではご利用いただけません。
※ストアが開かない場合、ストアを開き「Technical Pitch」で検索してください。

FAQ
よくある質問

試合でTECHNICALPITCH(テクニカルピッチ)を使用しても大丈夫ですか?
試合でのご利用はご遠慮ください。
壁当てでも計測はできますか?
壁など硬い物への投球は中にあるセンサーが壊れる恐れがありますので、ご遠慮ください。
ボールを打っても大丈夫ですか?
強い衝撃をボールに与えると中のセンサーが壊れる恐れがありますので、ご遠慮ください。
ボールとスマホはどのぐらい離れても平気ですか?
見通しの良いところで、20m程度を目安としてください。
どのぐらいボールの電池はもちますか?
約10,000投球を目安としてください。[注]充電式ではありません。
外が明る過ぎてスマホの画面が見づらい。
スマホの画面設定で明るさを調整してください。

DETAIL
商品詳細

テクニカルピッチ軟式M号球

テクニカルピッチ軟式M号球
品番:TP002M
本体価格¥27,500+消費税

ご購入はこちら
本体質量 136.2~139.8g
本体外径寸法 71.5~72.5mm
素材 表面ゴム:天然ゴム
充填剤:合成ゴムの発泡剤
3次元モーションセンサー 角速度センサー(3軸)
加速度センサー(3軸)
地磁気センサー(3軸)
実使用投球回数
(常温)
1万球(参考値であり、保証するものではありません)
通信方法 Bluetooth 4.1対応
通信距離 見通しの良い場所で約20m
(参考値であり保証するものではありません)
保存温度範囲 0℃~60℃
使用温度範囲 5℃~35℃(参考値であり保証するものではありません)
仕向地 日本国内専用

CONTACT
お問い合わせ

テクニカルピッチ軟式M号球についてのお問い合わせは、
下記問い合わせ窓口までご連絡ください。

お問い合わせはこちら